思春期パンフレット

表紙をクリックすると拡大画像が表示されます。

責任ある性行動選択

監修:医学博士 中原英臣(A5判・16頁)

性行動選択性行動を選ぶ機会に直面した時、心と体の両方に準備ができているかどうかを、自分自身に問いかけてみましょう。なぜ、性行動をしたいのか?そのもたらす結果は?性について正しい知識を持つことは、とても大切なことです。ティーンエイジャーに是非読んでほしい一冊です。

思春期の意志決定

監修:千葉大学教育学部名誉教授・医学博士 武田 敏(A5判・16ページ)

意思決定自分の未来を左右する決断、またその責任の取り方。答えを導くために必要な価値観を育てていくためには、どうしたら良いのか?大人になるためのステップを一緒に考えましょう。        

思春期のこと〜体の変化〜

監修:千葉大学教育学部名誉教授・医学博士 武田 敏(A5判・16ページ)

思春期のこと思春期は、自分自身がとまどってしまうほどに急激な変化がおとずれます。身体が大人になっても、心は・・、不安定な時期です。性に関する疑問、正しい知識を学び、思いやりの心、自分を大切にする心を育てます。

親も知っておきたい「思春期のこと」

監修:ノートルダム清心女子大学準教授 東優子(A5判・16ページ)

親も思春期子どもたちは、身体の劇的な変化に加え、大きな心の葛藤があります。親としては自分も通って来た路だけれど…。この大きな成長期を上手にサポートできるように、一緒に考えていきましょう。

十代の喫煙

監修:日本禁煙推進医師歯科医師連(A5判・16ページ)

十代の喫煙子どもたちがたばこを吸い始める動機は、いつの時代も同じです。ただ叱るのではなく、「なぜ、吸ってはいけないのか?」たばこが与える影響を知らせる必要があります。子どもと一緒に考え、話し合うことが何よりも大事なことです。

十代と危険な薬物

監修:医学博士 中原英臣(A5判・16ページ)

十代薬物薬物使用の低年齢化が大きな社会問題となっています。すべての人が薬物の危険性をきちんと理解することが大切です。また、薬物で悩む青少年を助けるために、できることがあることも知りましょう。

STI

監修:千葉大学教育学部名誉教授・医学博士 武田 敏(A5判/A6判・16ページ)

STI日本中の若者の間で性感染症の蔓延が問題となっています。セックスで感染する病気(クラミジア・淋菌感染症・梅毒・HIV感染など)の症状と予防方法を知っておいてください。    

クラミジア

監修:財団法人性の健康医学財団(A5判/A6判・16ページ)

クラミジア性器クラミジア感染症は先進各国で大流行しています。淋菌感染症の2倍、性器ヘルペスの4倍以上もあり、もっとも患者数の多い性感染症(STD、STI)です。症状、検査方法、予防方法などをわかりやすく説明しています。