母と子の健康パンフレット

表紙をクリックすると拡大画像が表示されます。

胎児へのアルコールとたばこ

監修:医学博士 桜井賢樹(A5判・16ページ)

誰もが元気な赤ちゃんの誕生を願っています。お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんは、母体から受け取る栄養がすべてです。お母さんがアルコールを飲んだりたばこを吸ったりすると、胎児にどんな影響を与えるのかを知っておきましょう。

子どものメンタルヘルス

監修:千葉大学教育学部名誉教授・医学博士 武田 敏(A5判・16ページ)

子どもメンタル子どもの心、特に幼児期は、親が与える影響がとても大きいものです。健全な心を育てていくために必要な8つの方法をわかりやすく説明しています。子どもの心を理解してあげることで、親と子どものストレスを減らしてあげることができます。

子どもの健康

監修:聖マリアンナ医科大学元小児科主任教授・医学博士 山田兼雄(A5判・16ページ)

子ども健康子どもがどんな病気にかかりやすいのか、未然に病気やけがから守るためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか?急な発熱、けがには、近くにいる大人が、あわてずおちついて、応急処置、手当てを行いましょう。かわいいイラストも見所です。

子どもの耳の病気

監修:聖マリアンナ医科大学元小児科主任教授・医学博士 山田兼雄(A5判・16ページ)

子ども耳子どもの耳の障害に注意を払っていますか?子どもは、自分から耳が聞こえないことを訴えることができません。だからこそ、身近にいる親が日常生活の中で、早くに気付いてあげることがとても重要です。気になることがあったら、すぐに専門医に相談しましょう。

子どもの目の病気

監修:聖マリアンナ医科大学元小児科主任教授・医学博士 山田兼雄(A5判・16ページ)

子ども目世界に向かって開かれた窓。それが私たちの「目」です。子どもの視覚と視力の発達に必要な基礎知識を持つことで、病気や発達の手助けができる場合があります。小さな子どもは、見えにくいことや痛みでさえも上手に伝えられません。病気やけがも早期に対応することで、重大な病気にならずに済むことがあります。